トップページ > DK-5000シリーズについて > ソフトウェア(DK-5000) > 標準ソフトウェア(Basic Software)

[新機能追加] BASIC SOFTWARE (標準ソフトウェア:記録データ取込用通信ソフト)


DK-5000シリーズ共通の通信ソフトウェアです。
DK-5000シリーズは汎用USBケーブルを使用し、
 ・ 現在値の表示
  (現在のカウント値の表示)
 ・ 全レコードの取得
  (メモリデータの一覧表示)
 ・ 全レコードの出力
をソフトウェア上で行うことができます。

[新機能追加]
 ・ 計測中のレコードリスト(HCL機能)
  DK-5000A / DK-5000Bのカウント中に
  ソフトウェア上から任意のタイミングで
  レコードをリスト表示できます。
 ・ 入力項目名(入力1-入力30)の変更
  入力項目名(入力1-入力30)をすべて
  任意の名前に変更することができます。
 ・ DK-5000Dへの対応
上記の機能を追加しました

[アップデートについて]
既にインストール済みのソフトウェアの
アップデートをご利用になるには、
"DK-5000 Series Mieruzzo Basic Software"の
メニューバーから
[ヘルプ][アップデートの確認]
で行うことができます。
(インターネット環境への接続が必要です)
[新規ダウンロードについて]
下記のフォームより登録することで
無料でダウンロードできます。

ダウンロード登録フォームへ
MEL
  [専用取込ソフトシステム必要条件]
  OS

  Windows 7/8/8.1/10
  CPU   Pentium2 266MHz相当以上
  必要HD容量   50MB (ソフトウエアファイル用)
  160MB (実行領域)
  メモリ   1028MB以上
  その他   PCとの通信には汎用のマイクロUSBケーブル
  (Bタイプ)が使用可能です

Copyright ©. 2015 Line Seiki Co., Ltd. All rights reserved.